補習校だより 2013年11月23日

本日、来年度の説明会(→9月17日の補習校だより)を開催しました。50名以上の方にお越しいただき、参加された方々の熱い思いと補習校への期待が感じられました。

香港日本人補習授業校は、保護者が設立し、運営している補習校です。来年度新入生の保護者の皆さんには、今の在校生の保護者と共に、これからも継続・発展させていけるよう、ご協力をお願いします。

 

【 2014年度 「レベル1」「国語科1」「幼稚部 年中」の願書受付について 】

≪受付日時≫
「レベル1」「国語科1」
2014年1月15日(水)の午前10時【香港時間】より、当サイト併設のオンライン願書フォームにて受付開始。TOPページ右上の「願書」をクリックしてお入りください。
「幼稚部 年中」
2014年1月22日(水)の午前10時【香港時間】より、当サイト併設のオンライン願書フォームにて受付開始。TOPページ右上の「願書」をクリックしてお入りください。
※2014年1月24日(金)に変更しました。詳細は「補習校だより2014年1月22日」をご覧ください。
なお、「願書フォーム」のページへは常時アクセスいただけますが、「願書の送信受付」は、それぞれの受付開始日の午前10:00【香港時間】 以降となります。 午前9:59【香港時間】 以前に送信された願書は、コンピューターのシステム上、無効となりますので、ご注意ください。

「レベル1」「国語科1」と「幼稚部 年中」とで日にちが異なりますので、ご注意ください。
以下、詳細です。「レベル1」「国語科1」と「幼稚部 年中」とに分けて掲載しています。
2014年度 「レベル1」「国語科1」 願書受付(詳細)

≪受付日時≫
2014年1月15日(水)の午前10時【香港時間】より、当サイト併設のオンライン願書フォームにて受付開始。
(願書フォームと送信受付については上記の通り。)

 
≪募集人数≫
定員は、「レベル1」「国語科1」各クラス15人ずつです。
募集人数は現在の「幼稚部 年長」の状況によるため(現在確認中)、11月27日以降に掲載します。
→ 「レベル1」: 9人 / 「国語科1」: 11人  ※11月29日追記

授業内容:「先生からのご報告」サンプル   国語科について(2011年10月)

レベルクラスと国語科の違い (NEW)

国語科の授業風景・プリント例 (NEW)

 
≪募集対象≫
原則として日本国籍または日本永住許可を保有し、香港在住で、香港内の国際学校・現地校に通学し、2014年4月に日本での小学1年生在籍相当年齢(2007年4月2日~2008年4月1日生まれ)の児童。学年に沿った授業を受けられる日本語力が必要とされます。

 
≪受付方法≫
願書は先着順で受け付けます。募集定員に達した時点以降も入学願書を受け付けますが、それ以降はウェイティングとなります。ウェイティングになった場合、定員に空きができ次第、リストの早い順番に入学をご案内させていただきます。

 
≪保護者のかかわりについて≫
「保護者への覚え書き」を読んで、同意していただきます。補習校の運営上、あるいは児童の指導上、保護者の協力が不可欠です。
補習校教員/補助教員または運営委員(※)希望者は、選考の上、採用された方には入学の優先権があります。ご希望の方は、2013年12月15日(日)迄に、補習校メールアドレス(japanese@hkjss.hk)まで履歴書と志望動機をお送りください。(お送りいただいた方には12月16日までに面談のご連絡をします。万一そのご連絡がない場合はご確認お願いします。)
詳しい内容はメールにてお尋ねください。お電話での問い合わせは受け付けておりません。

※運営委員と、(説明会でお話しした)「保護者ボランティア」とは別です。保護者ボランティアは教室に入って丸付けや補助教員のサポートを行なう役割で、レベル1では年2~3回(and/or学校行事)引き受けていただくことが必須となります。
2014年度 「幼稚部 年中」 願書受付(詳細)

≪受付日時≫

2014年1月22日(水)の午前10時【香港時間】より、当サイト併設のオンライン願書フォームにて受付開始。TOPページ右上の「願書」をクリックしてお入りください。
※2014年1月24日(金)に変更しました。詳細は「補習校だより2014年1月22日」をご覧ください。
(願書フォームと送信受付については上記の通り。)
≪募集人数≫
「幼稚部 年中」: 9人 (「幼稚部 年長」の募集はありません) <変更しました>
    ※年長はウェイティングのみ募集します。詳細は「補習校だより2014年1月17日」をご覧ください。

 

≪募集対象≫
原則として日本国籍または日本永住許可を保有し、香港在住で、香港内の幼稚園に通園し、2014年4月に日本での幼稚園年中在籍相当年齢(2009年4月2日~2010年4月1日生まれ)の幼児。授業を受けられる日本語力が必要とされます。

 
≪受付方法≫
願書は先着順で受け付けます。定員+若干名の願書が届いた時点で、募集を終了します。以後の提出願書は無効となることをご了承ください。無効となった方にはお知らせいたします。

 
≪保護者のかかわりについて≫
「保護者への覚え書き」を読んで、同意していただきます。補習校の運営上、あるいは幼児・児童の指導上、保護者の協力が不可欠です。
補習校教員/補助教員または運営委員(※)希望者は、選考の上、採用された方には入学の優先権があります。ご希望の方は、2013年12月15日(日)迄に、補習校メールアドレス(japanese@hkjss.hk)まで履歴書と志望動機をお送りください。(お送りいただいた方には12月16日までに面談のご連絡をします。万一そのご連絡がない場合はご確認お願いします。)

詳しい内容はメールにてお尋ねください。お電話での問い合わせは受け付けておりません。

※運営委員と、(説明会でお話しした)「保護者ボランティア」とは別です。保護者ボランティアは教室に入って丸付けや補助教員のサポートを行なう役割で、レベル1では年2~3回(and/or学校行事)引き受けていただくことが必須となります。

 

【その他の学年(現在のレベル1~6、国語科1~3、継承日本語)の願書受付について】

他の学年(上記)については随時受け付けています。(クラスによってはウェイティングとなります。) 願書 をお送りください。
入学可能年齢(生年月日)や定員などについては、このページをスクロールして一番下のご案内をご覧ください。