香港日本人補習授業校 入学願書

件名 香港日本人補習授業校 入学願書
このたび、下記の者を香港日本人補習授業校に入学・転入させたく、「保護者への覚え書き」に同意の上、ここに申込みます。
*全て必須項目です

第1部:基本情報

入学・転入希望日
(数字・半角)

例:2020(年)4(月)1(日)
希望クラス
生徒・児童
氏名 例:山田太郎
氏名
(アルファベット・半角)
例:Yamada Taro
生年月日・性別
(数字・半角)
   性別
例:2003(年)5(月)5(日) 男
住所
(アルファベット・半角)

例:Flat 111, 11F, Tower 111, ABC Heights, Hung Hom, Kowloon
現在の日本の学年 年生
例:1(年生)、 年中、年長
香港での通学先と学年
例:ABC Primary School   例:P3
日本に住んでいた時期・期間
例:生まれてから3年間
香港に居住・滞在する期間
(見込みで結構です)

例:2013年3月まで
日本語の知識 同年代の日本の児童と同等
同年代の日本の児童より劣るが、読み書き会話ともかなりのレベルを保っている。
会話はできるが、読み書きはできない。
両親など特定の人の話は理解できるが、自分は日本語で応じられない。
ほとんど日本語の知識はない。
その他(特記事項欄に記入)
学習言語
(平日の学校で使用している言語)

例:英語、中国語
本人の第一言語
例:日本語
その他の言語
例:中国語会話少し、英語会話少し
特記事項
保護者1(運営委員会・係・講師からの主な連絡先となる方 - 連絡網に記載) 保護者2
氏名
例:山田花子
氏名
(アルファベット・半角)

例:Yamada Hanako
携帯電話番号
例:1111 2222
メールアドレス
例:yamadahanako@ggmail.com
備考(現在補習校に在学している兄弟姉妹がいる場合は、氏名とクラスをご記入ください。)
補習校在学の兄弟姉妹とクラス
例:山田一郎、レベル3 *何もない場合は「なし」と記入

第2部:日本語学習への取り組み

家庭での使用言語 子→ →母
子← ←母
子→ →父
子← ←父

父母以外に日常的に日本語を使用する相手(兄弟友人等)が
いる
いない
日本語で本の読み聞かせをしている頻度 ほぼ毎日
週に3〜4回
週に1〜2回
月に1〜2回
していない
現在の日本語学習状況
(複数選択可)
家庭で一定時間親が教えている
日本の学校へ通学(短期体験入学を含む)
学校の第二言語で日本語を選択
家庭教師
学習塾
通信教育
日本語の習い事
その他
何もしていない
お子様の状況
(複数選択可)
日本語で不自由なく会話することができる
ひらがなを読むことができる
ひらがなを書くことができる
カタカナを読むことができる
カタカナを書くことができる
学年相当の漢字を読むことができる
学年相当の漢字を書くことができる
学年相当の文章をすらすらと音読することができる
集団の中で落ち着いた行動ができる
教師の指示や指導に従うことができる
心身発達上や健康上の理由で、学校に特別な配慮や対応を求めることがある※
※理由
将来目指す日本語力 同年代の日本の児童と同等
同年代の日本の児童より劣るが、読み書き会話ともかなりのレベルを保っている
不自由なく会話することができる
なんとか意思疎通を図ることができる
保護者の皆様の状況 ・日本語で不自由なくコミュニケーションできる。
父ができる  母ができる  両者ともできる

・子どもの宿題を日常的にサポートできる。
父ができる  母ができる  両者ともできる

・本校で学級ごとの当番や行事の手伝いをできる。
父ができる  母ができる  両者ともできる

※ 入学選考は抽選にて行いますので、願書の内容は入学資格には影響しません。 ただし、入学後に以上の記述と事実が食い違うと本校が判断した場合は、詳細を伺うことがあります。

※ 本校は補習校であり、家庭学習を補うものとして学校が存在しています。 現在、家庭で日本語で過ごす時間が不足している場合は、今後増やしていってください。 またどのような接し方が効果的かを考え、入学後も継続してください。

ご記入前に必ず「保護者への覚え書き」をご一読いただき、同意の上確認画面へお進みください。

<ご記入上の注意点>
・「希望クラス」は入学後の学年・クラスです。その下の「現在の日本の学年」とは異なる場合もあります。(例:現在小2で、来年度の4月に入学希望の場合、「レベル3」または「継承3」) クラスの名称・編成については、Q&Aページの「補習校とは」「Q2」をご参照ください。
・その他の言語 : 言語名のみでも構いませんが、できれば各言語のレベル等もご記入ください。
・備考欄に記入する項目がない場合も空欄にせず「なし」と入力してください。

<願書送信方法>
・「確認画面へ進む」をクリックし、内容ご確認後「送信する」をクリックしてください。
・次の画面で「願書メール」「メッセージが送信されました。」と表示されれば、提出(送信)完了です。
・完了後は「保護者1」のメールアドレスに「japanese@hkjss.hk」から確認メールが届きます。万一その画面が表示されない場合や確認メールが届かない場合は、提出できていない可能性がありますので、ご注意ください。
なお、送信者側でアドレス(ドメイン)指定受信をされていると当事務局からの電子メールを受け取れない可能性がありますので、【japanese@hkjss.hk】の受信許可登録を事前にお願いします。電子メールの受信に関する不具合については、当事務局は一切責任を負いません。