保護者アンケート(結果)

2017年4月下旬から5月上旬にかけて実施したアンケートの結果です。
ご協力くださった皆様、ありがとうございました。結果をご報告します。

質問1~3(お子さんの在籍クラス、名前、学校・幼稚園の名前)は個人情報になるため掲載していません。
また14(補習校を選んだ理由、自由回答)は集計に時間がかかるため、後日掲載する予定です。

 

4. 平日通っている学校・幼稚園の種類はどれにあたりますか?

175 件の回答

 

5. 今後どのくらい香港に住む予定ですか?分からない方も「予定」「希望」でお答えください。

174 件の回答

 

6. お子さんの第一言語(一番自然に或いは苦労なく使える言語)はどれですか?

175 件の回答

 

7-①.  お子さんの日本語(読み)のレベルを1〜5の5段階でお答えください。 (1=全く・ほとんど読めない。 2=一文字ずつまたは単語ごとにゆっくりなら 読むことができる。 3=大人の手助けがあれば易しい文章が読める。 4=大人の手助けなしに易しい文章が読める、または大人の手助けがあれば学年相当の 教科書や物語を読むことができる。 5=学年相当の教科書や物語をすらすら読むことができる。)

175 件の回答

7-②.  お子さんの日本語(書き)のレベルを1〜5の5段階でお答えください。 (1=全く・ほとんど書けない。 2=一文字ずつ書くことができる。 3=大人 が読み上げた言葉を聞いて書き表せる。 4=日記などの簡単な文章が書ける。 5=作文や詩などを自在に書ける。)

174 件の回答

 

7-③.  お子さんの日本語(会話)のレベルを1〜5の5段階でお答えください。 (1=ほとんど理解できない。またはその言語との接点がない。 2=両親など特 定の人の話は理解できるが、自分はその言語で応じられない。 3=他の言語が混ざることもあるが、意味が通じコミュニケーションが取れる。 4=その言語 を母語とする児童ほどではないが、会話のキャッチボールができる。 5=その言語を母語とする同年代と同等、または母語。)

174 件の回答

8. お子さんの英語(会話)のレベルを1〜5の5段階でお答えください。レベルの基準は、質問7-③ と同じです。

174 件の回答

 

9. お子さんの広東語(会話)のレベルを1〜5の5段階でお答えください。レベルの基準は、質問7-③ と同じです。

173 件の回答

 

10. お子さんの標準中国語(普通話・北京語)の会話レベルを1〜5の5段階でお答えください。レベルの基準は、質問7-③ と同じです。

173 件の回答

 

11. 授業の進度について伺います。

173 件の回答

 

12. 授業の難易度について伺います。

173 件の回答

 

13. この質問は、小中学生(レベル・継承)の保護者のみお答えください。

現コース(レベル科/継承科)を選んだ理由についてお教えください。該当するもの全てお選びください。

154 件の回答

選択肢は以下の通りです。「ボランティア」の下の5つは「その他」の内容です。
(上のグラフは途中で切れているので、別途掲載しました。)

コースの特徴が子どものタイプに合っているから
行事が多いから
行事が少なく、通常の学習活動が多いから
クラス担任制だから
教科担任制だから
日本の教科書を使って日本の学習指導要綱に沿っているから
教材が充実しているから
宿題が少ないから
通学するのに場所が便利だから
きょうだいがいるから
クラスボランティアがあるから
クラスボランティアがないから
その他:通常授業と季節ごとの行事のバランスが良いから
その他:宿題がないと思ったから、漢字テストがないと思ったから
その他:定員の関係でレベル科に入れなかったから
その他:宿題や漢字テストがあり、日本語の読み書きに多く取り組めるから
その他:日本の文化にも触れられるから